喜ばれる出産内祝いについて

赤ちゃんが生まれるということは、その家族にとっても近しい親戚にとっても、とても嬉しいできごとです。そんな嬉しさや喜びをお祝いという形で、色々な方からいただくことも多いのではないでしょうか。 産後、バタバタしてしまい、ついつい忘れてしまいがちなのが、いただいたお祝いへのお返しである、出産内祝いです。出産内祝いというのは、元々は子供が生まれたという喜びを、親戚や有人、近所の方へ贈るもののことを指していたのですが、近年では出産祝いをいただいたお礼という認識が一般的となっています。

この出産内祝いを贈るタイミングというのは、基本的には生まれた子供が生後一か月になった、お宮参りの頃であるとされています。この頃までにお祝いをいただいた方に対して、まとめて内祝いを贈り、その後はお祝いをいただく都度に内祝いを贈るようにすることが多いようです。

そんな出産内祝いですが、産後は赤ちゃんのお世話をしたり、身の回りのことをしたりしつつ、出産内祝いのことを考えるというのはなかなか大変なものです。ですから、できたら子供が生まれる前には、ある程度出産内祝いについて考えておいたり、勉強したりしておくと、いざとなったときに慌てないで済みます。また、事前に自分の実家や義実家に対して、出産内祝いのことについて相談したり、風習などを訪ねておいたりしておくと安心です。地域や家によっては、出産内祝いの風習が決まっていることもあるからです。後から揉めたりしないためにも、事前によく確認しておきましょう。